ダイエット

着圧レギンスの脚やせ効果って?人気おすすめは!?24時間つけておくだけでカンタン美脚♪

着圧レギンスというものの存在は昔からありますが、近年発売されている着圧レギンスは、顧客のさまざまなニーズに対応している商品が数多くあります。着圧レギンスと聞くと、「脚痩せしそうだけど、苦しそう・・・」と思う方もいると思います。

苦しくない着圧レギンスってあるの?どういう効果があるの?今の自分はどういう商品を選んだらいいの?そんな今SNSで話題の着圧レギンスに対する疑問をご解決しながら、おすすめの着圧レギンスをご紹介いたします!

着圧レギンス履いて美脚を目指そう!

以下では

  • 着圧レギンスの脚やせ効果とは
  • 着圧レギンスの着用時間は?
  • 着圧レギンスの意外な履き方

について触れていきます。

着圧レギンスの脚やせ効果とは

着圧レギンスは継続的に履き続けることで、徐々に脚痩せ効果が出てきます。
確かに履くだけでも一定の圧力で締め付けるわけですので、一時的に足を細くする効果があり、さらに黒色のレギンスなら視覚的にも細く見えます。
しかし、基本は適度な加圧を日々かけ続けることが重要です。

着圧レギンスを履くと、下半身に圧力がかかることで血液循環が良くなり、新陳代謝も良くなることで脂肪燃焼効果があがるとされています。
脂肪燃焼が活発になることでダイエットになり脚痩せ効果が期待できるということです。
また、血液循環が良くなることで脚のむくみも改善されることも脚痩せ効果の一つです。

着圧レギンスの着用時間は?

着圧レギンスは長時間履くことで効果を発揮します。
では、一日何時間ぐらい履いてもいいのか気になりますよね?

結論から言うと制限はありません。

ただし、どんなものを履いても良いというわけではありません。

脚にかかる圧力がきつすぎると血行が悪くなったり、痛みやしびれを感じたり、ひどくなると神経麻痺を起こす恐れもあります。
正しい着圧レギンスの選び方がポイントになってきます。
着圧レギンスを選ぶ時はいくら脚痩せしたいからと言って無理をせず、まず自分にあったサイズを選ぶようにしましょう。

 

また、レギンスの加圧設計にも注意が必要です。
足首からふくらはぎ、太ももにかけて少しずつ段階的に着圧が低くなっている段階着圧設計かどうかも重要なチェックポイントです。
締め付けるだけの着圧レギンスはよくありません。

以上のことに気を付けて着圧レギンスを選べば、基本的には履いている時間の制限はありません。
ただし、履いているときに長時間しゃがんだままの姿勢にならないように気を付けてください。
しゃがんだ姿勢は着圧がさらに高まり必要以上に締め付けてしまいます。

着圧レギンスの意外な履き方

着圧レギンスには意外な履き方があります。
それは入浴時に着圧レギンスを履くというものです。
着圧レギンスをはいたまま入浴するとダイエット効果があると今話題になっています。
履き方としてはいたって簡単で、着圧レギンスを履いて30分程度入浴するだけです。

入浴すると体温が上がり代謝が良くなることで脂肪燃焼が促進されダイエット効果があります。
血行もよくなるためむくみも解消されます。
この状態でさらに着圧レギンスを履くことで、レギンスの圧力とお風呂の水圧との相乗効果で下半身を引き締める効果が高まると言われています。

ただし、入浴時間は30分以上の長時間にならないように気を付けて下さい。
以上の様に入浴時に着圧レギンスを履くと下半身を引き締め、ダイエット効果もありますが、セルライトも気になる方は同時に太ももをマッサージすることをおすすめします。
入浴時にレギンスを履いた状態でマッサージをするとセルライトを取り除く効果があります。
マッサージといっても両手で太ももの贅肉を掴んで雑巾を絞るようにするだけの簡単なものです。是非お試しあれ。

着圧レギンスの種類

着圧レギンスにもいろんな種類があります。商品ごとに特徴があるため無数にあるといっても良いくらいですが、代表的な種類を紹介しておきましょう。

以下では

  • 昼用
  • 夜用
  • マッサージ機能付き
  • 医療用
  • 夏用の着圧レギンス

について触れていきます。

昼用

着圧レギンスは大きく分けて昼用と夜用に分けられます。
昼用は夜用に比べて圧力が強めに作られています。

昼間は脚を動かしているため下半身の血圧が高く、多少強めに加圧しても大丈夫です。
昼用が一般的な着圧レギンスと考えてよいでしょう。

夜用

仕事や学校で一生懸命活動した後や長時間立ち続けた後、帰宅後の夜には足がむくむことがよくあります。

夜用の着圧レギンスは圧力が少し低めに作られていて就寝中に履くだけで、朝にはすっきりむくみを解消してくれます。
就寝中は横になっていて脚もあまり動かさないので下半身の血圧は低めです。

この状態で圧力が高いと血行が悪くなって逆に足のむくみがひどくなるかもしれないため昼と夜で履き分けるのは必須です。

マッサージ機能付き

着圧レギンスにはツボを刺激してマッサージ効果があるものもあります。
レギンスの生地に凸凹がついていてツボを刺激して履くだけでマッサージ効果が得られます。

医療用

下肢静脈瘤やリンパ浮腫の患者さん向けのレギンスです。
一般のレギンスに比べて、脚にかかる圧力がかなり高めです。

また症状の度合いで効果も変わってきますから、医療用が必要となったときは自己判断で選ぶのは避けましょう。

いろんな種類がある着圧レギンスですが何を基準に選べばよいかわからない人に、選ぶ時の目安を紹介しておきます。
選ぶときは商品に書いてある着圧(圧力)の大きさを表すmmHgやhPa、糸の太さを表すデニールの数値を確認しましょう。以下をおおよその目安として参考にしてください。

着圧(足首部分)

約10mmHg~20mmHg(13hPa~26hPa):軽いむくみ対策用で一般的な着圧レベルです。

約20mmHg~30mmHg(26hPa~39hPa):中度からひどいむくみ用で締め付けがやや強めです。

約30mmHg~50mmHg(39hPa~65hPa):医療用に用いられるレベルで締め付けはかなり強めです。

※1mmHg=1.3hPa
夜用は20mmHg以下、昼用は30mmhg以下を目安にしてください。

糸の太さ

~70デニール     :軽い血液循環の促進に適した一般的なパンストレベル。
70デニール~140デニール :むくみの改善に効果的なタイツよる少し細いレベル。
140デニール~280デニール :医療用に用いられるタイツに近いレベル。

夏用の着圧レギンス

「着圧レギンスを履いて脚痩せしたいけど夏は暑いし・・・」という方には夏用の着圧レギンスもちゃんとあります。
締め付けが強いと蒸れますし、なにより暑いというのが気になります。

しかし、夏用のレギンスは素材も改良されていて肌触りも良くなっています。
さらに軽量化されていて薄くてなおかつ着圧効果もあるという商品が案外たくさんあります。
通気性もよく速乾性のものも多数ありますので、せっかく継続して履いた着圧レギンスを夏だからと言って履くのを中断せず脚痩せを目指しましょう。

レギンスを履いて寝るのは暑苦しそうで不安・・・と思うかたもいるかもしれませんが安心してください。着用して寝ても、熱を逃がす作りになっており暑苦しくないのがポイント。
寝てるだけですっきり足を手に入れることができるなら、翌日のハードワークも頑張れそうですね。

おすすめの着圧レギンス

グラマラスパッツ
理想の体型を苦労せず、今すぐ手に入れたいという女性の願いを叶えてくれるのがグラマラスパッツ。履くだけで気になるウエスト周りやヒップ、太ももを適度に加圧しスッキリと見せてくれる優良アイテムです!
グラマラスパッツは1着で下記すべての機能を備えた「多機能型・オールインワン加圧インナー」です。特殊な弾圧編み技術やテーピング効果・考え抜かれた設計で作られているので、履くだけでメリハリのあるボディが手に入ります。
締め付けが強く、ふくらはぎから太ももにかけてスパッツを上げていくのに多少時間がかかりますが、履いてしまえば適度な加圧が心地よく、長時間でも無理なく履いていられます。
ただ履くだけで、エステやジムに通わなくても下のようなアプローチをしてくれるところもグラマラスパッツの大きな魅力です。グラマラスパッツは考え抜かれた設計で、身体の各部分にさまざまな美容効果をもたらします。
グラマラスパッツの最大の魅力は「ただ履いているだけでいい」ということ。最初の2~3日は締め付けが気になりますが、そのうち加圧が心地よく、履いていないと落ち着かないというほどになります。
メルカリやヤフオクでの取扱はありますが、コピー品や類似品の可能性があるので新品・正規品を購入するなら公式サイトが安心です。
着圧
用途(汎用性) 広い
デザイン性 まぁまぁ

詳細ページ公式ページ

 

プレミアムスリムスキニーレギンス
プレミアムスリムスキニーレギンスを使うことで得られるメリットは多く、筋肉質な脚を持つ男性でも履くだけで瞬時に美脚になることができるほどの補正による下半身の矯正と下半身を集中的に燃焼させることができるのにきついトレーニングや高いエステに通ったりしなくてもいいということです。
履くことでメリットを得やすい人は、普段から様々な美脚運動をこなしていてトレーニングもしたが筋肉質な脚にしかなれず悩んでいる人、エステに通ってマッサージを受けたりしているが仕事で同じ姿勢でいることが多くすぐに下半身がむくんでしまい下半身太りが気になってしまうという人、足を捕捉したいがなかなか運動はできない、したくないという人がメリットを感じることができます。
着圧 弱寄り
用途(汎用性) 普通
デザイン性 シンプル

詳細ページ公式ページ

 

まとめ

着圧レギンスは「痩せたいけど運動はちょっと・・・」という女性や、「体はそうでもないのに脚の太さがきになる」という女性にぴったりです。
しかし過度の期待は禁物です。着圧レギンスは「継続は力なり」の姿勢がよりよい効果を生みだします。
自分の体形や健康状態に合わせて着圧レギンスを選んであせらず効果を期待しましょう。