ダイエット

在宅太りした人必見!簡単にできる3つのトレーニングで夏までにモテボディを目指そ♡

おうち時間、どう過ごす?

1. 普段できなかったことに手をつける

緊急事態宣言によってグンと増えたおうち時間。あなたはどう過ごしていますか?

それぞれみんな工夫をしておうち時間を過ごしていると思います。普段「忙しい」という理由でできていなかったことに手をつけることですがおすすめです。

後回しにしてしまいがちだけど、自分にとっては大切なことは意外とあるものです。

たとえば、「掃除」「断捨離」「読書をする」「部屋の模様替え」「友だちとじっくり連絡をとる」など、せわしない日々のせいで「いつかしよう」とよけておいた事に手をつけてみてはいかがでしょうか?

より充実したおうち時間を過ごせるはずですよ♡

2. エンタメをたのしむ

ゆっくりおうちで過ごせるようになったからこそ、エンタメをたのしむチャンスです!

最近はNetflixやHulu、U-NEXTといった動画のサブスクリプションサービスが豊富に展開されていたり、YouTubeにもたくさん動画がアップされているので、おうちで観れる方法がいっぱいありますよね。

忙しいとエンタメをたのしむ余裕がなくなってしまいますが、いまは幸いおうちで過ごす時間はたっぷりあるもの。気分が下がりがちな今だからこそ、エンタメの力を借りてたくさん笑ったり泣いたりして気持ちをほぐしてはいかがでしょう?

3. 自分磨きをする

友だちや同僚とひさしぶりに会ったときに、よりキレイな自分でいられたら最高ですよね♡

おうち時間は、自分磨きをするチャンスでもあります!

おうちでできる自分磨きの方法はたくさん!

YouTubeには筋トレ方法やストレッチ方法、マッサージ方法などがたくさんアップされています。それを参考に、部屋の中で少しスペースの余裕を確保できていれば、自分磨きができちゃいます。今日から試してみてはどうでしょうか。

おうちでトレーニングをするときのポイント

1. 手足を広げられる程度のスペースを取る

トレーニングにはある程度の動きがあります。そのため、手足を広げられるスペースを確保しなければ、周りにぶつかってしまう危険性があるのです。

ぶつかって怪我をしてしまわないように、ある程度のスペースを確保するようにしましょう。

2. 動きやすい服装に着替える

トレーニング中はじわじわと汗をかいてくるでしょう。モコモコのパジャマでトレーニングをするのは違いますよね。

トレーニング前には、ヨガパンツとTシャツなど、動きやすく汗をかいても問題ないような格好に着替えるようにしましょう!

次会うときまでにスラっとしたい♡おうちでできるストレッチ

1. プランク

プランクは、全身を効率よく鍛えられるトレーニングです。簡単な動きなのにしっかり効いていることを感じやすいうえ、反動をつけてしまいがちな腹筋運動よりも、初心者にもチャレンジしやすいところが魅力。続けるごとにキープの秒数があがっていく「プランク30日間チャレンジ」もあるので、試してみてはいかがでしょう。

プランクのハウツー

1. うつぶせの状態で、肩幅と同じくらいの幅でひじと膝を立て、四つん這いの姿勢になります
2. 両ひじはそのまま、膝をあげて頭からつま先までを一直線にします
3. この状態を30秒から1分ほどキープします

プランクをするときのポイント

プランクをするときには、一直線にした身体が床と並行になるように意識をします。腰が落ちたりお尻があがったりしては、本来の効果が得られなくなってしまいます。また、腰に負担がかかってしまうので、正しい姿勢で行ないましょう!

2. スクワット

スクワットは、身体の中でも大きな筋肉にアプローチできるので、代謝がグンとアップします。脂肪をたくさん燃やせるので、習慣づけるのがおすすめ♡

スクワットのハウツー

1. まっすぐに立ち、両足を肩幅程度に広げます
2. 両手を前に出し、息を吸いながらお尻を下げます
3. 足が床と並行になったら息を吐きながらお尻を戻します

スクワットをするときのポイント

スクワットをするときは、膝がつま先よりも前に出ないことを意識することがポイントです。しっかりお尻を後ろに下げるように気をつけましょう。

また、膝を伸ばすときは、完全に伸ばしきらないところで止めることで、より太ももに効果的です!

3. レッグレイズ

レッグレイズはあお向けで寝転がりながらできるトレーニングです。場所を取らないので、ちょっとしたスペースでもOK! 下っ腹のぽっこりを改善できるトレーニングなので、お腹痩せを目指している人におすすめです。

 

レッグレイズのハウツー

1. あお向けに寝転がります
2. 両手を腰の下に入れる、または身体の真横に置いて支えます
3. 足を床から少し浮かせます
4. 息を吸いながら足を垂直のところまでゆっくりあげます
5. 息を吐きながら足を並行の位置までゆっくりおろします
6. 足を床にはつけずに浮かせたまま、4・5の動きを繰り返します

レッグレイズをするときのポイント

レッグレイズをするときには、膝を曲げないことがポイント。また、動作をゆっくり行なうように意識しましょう! つらいからと早く行なってはしっかり効かなくなるでしょう。
そして、腰を剃らせてしまうと負担になるので、手でしっかり支えるよう気をつけることもコツです。

おうちトレーニングで憧れボディを手に入れよう♡

外出自粛期間は、おうちトレーニングに最適の期間! 夏までに憧れボディを手に入れられるように、今日からはじめてみてはいかがですか?